明日も無色

明日も無色

24歳で超ホワイト企業をやめて無職になった男の記録です。

僕が初めて書いた記事は「僕のヒーローアカデミア」だった【僕アカ】

 

こんにちは、青色申告です。

 

今日はヒロアカについて書きます。

 

【目次】

  

初めに

僕がブログをはじめようと思ったのは、2年前。そのころはシーサーブログで始めました。何について書こうかと思ったら、やっぱり本しかなくて、すごい本を紹介していこうと思ったのを覚えています。そんな時に「ヒロアカ」が登場しました。

 

2014年僕アカ登場

僕はヒロアカの作者堀越の前作『逢魔ヶ刻動物園』のころから知っていました。

 

 

うわーいい絵描くなあって思ってたのです。でも動物園はあえなく短期で終了し、ヒロアカが登場しました。

 

当時ジャンプにはもうヒーローがいない、熱い物語がないと思っていた僕にはこれ来た!と思いました。当時の記事にはこうありました。僕アカ。。。今では誰もそう呼んでいないでしょう。でも僕はそう呼んでいました。笑。

 

私は本作(僕のヒーローアカデミア:以下僕アカ)を書店にあるお試し本で立ち呼んで、「ああ、やっとジャンプっぽいのが出てきたよ。出てきたーーーー!!」と歓喜しました。

昨今のジャンプはどこか、少年を置いてきぼりにし、少女ジャンプか?という節を感じていました。

しかし、僕アカでついに「冴えない主人公が、ヒーローになる」もはや、廃れた王道が帰ってきました。

 

それから2年が経ちました

今ヒロアカはジャンプを代表する作品にまでなりました。とてもすごいことです。そしてうれしいことです。僕の目に間違いはなかったんだと思いました。

 

でも僕は読んでいません。理由は、僕がもう少年ではなくなってしまったからかもしれません。俗な言葉を使えば、少々ヒロアカは子供っぽいのです。いや、でもこれはこれで素晴らしいことです!少年漫画が少年のもとに着地しているのですから。無駄に暗い設定でもなく、変にアダルトでもなく、エロくもない。王道の神髄です。きっと僕が小学生なら今頃デク人形を空に飛ばしているでしょう。きっと今頃父親オールマイトごっこにいそしんでいることでしょう。

 

matome.naver.jp

 

もう一つのヒーロー「ワンパンマン

 

そして今ではヒーローブームが来ています。ジャンプにはワンパンマンがいます。すべてをワンパンで倒しちゃうシュールなヒーロー。子供のころだったら、目移りして焦ったことでしょう。僕はワンパンマンをネットの無料配信のころから知っていました。ネットで読む漫画なんてダメだろ?って思ってたのに、すごい表現力でした。

ここから読めます。 となりのヤングジャンプ : ワンパンマン

 

ああ、やっぱ村田はすごい!

 

そう思いました。今ではワンパンは中高生に人気があるように思います。どちらかというとヒロアカよりに人気があるような感じがします。その違いは、ワンパンマンは男を惹きつけるかっこよさがあるからです。ごつい!渋い!って感じです。まあ、そんな違いはどうでもよくて、みんなヒーローを求めてるんだなと思いました。

 

最後に

ヒーローってかっこいいですよね。でも本当のヒーローは超能力がなければないほどかっこいいと思っています。そんなヒーローにみんな憧れて、幻想だ、漫画の世界だ。現実は違うぞってあきらめていくんだと思います。

 

でも

 

目の前の困っている人を助けられたら

超かっこいいですよね

 

僕はそれだけは真実だと思ってます。

 

以上ヒロアカについてでした。

 

 

【関連記事はこちらもどうぞ】 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com