明日も無色

明日も無色

24歳で超ホワイト企業をやめて無職になった男の記録です。

【無職】何もやる気が起きないから、将来ニートについて考えた

f:id:arufred45Hoo:20170802003401j:plain

 

こんにちは、青色申告です。

 

今日はニートについて考えました。

 

【目次】

 

やる気が起きない

最近、何もやる気が起きません。特に今までの人生で変わったことは起きていないのに、何もやる気が起きなくて、ゲームばかりしています。やらねばならないことも、いざやろうと思っても、やる気がないので手も動かずただ寝てしまいます。

 

原因を考えました。それは精神系の病気か、あらゆることを試して少し疲れてしまったのかもしれません。今までは社会はもっとすごいことがあるはずだぞ!と行動し、調査し、潜入してきましたが、実は全然大したことなかったことを知ってしまったからなのかもしれません。

 

ニートについて考えた

そして、もしこのまま、何もやる気が起きなかったらニート無職になったことを例によって妄想してみました。妄想だけでなく、少し検索してリアルに妄想してみました。

 

そしたら、今の僕ってニートじゃんって思いました。

 

ニートにはこんなパターンがあるんじゃないかと思いました。

 

①本当に何もやる気が起きない、助けてのパターン

②働くより親と住んでいたほうが楽パターン

 

②は自己意志なのでとやかくいいませんが、①のパターンも結構いるんじゃないかと思います。前職ですべての生命を使い果たした人や、働くに疲れた人、それは一種の病気なのかもしれませんが、何かに吸い尽くされた人は①ニートになりやすいんじゃないかと思いました。

 

将来ニート

そんなニート自覚しないまま、時間を過ごしたとしましょう。僕は妄想しました、あっという間にたつ5年後を。僕は以前あと5年以内くらいに「売り手市場」終わるんじゃないかなと予想しました。そうなると僕は30歳無職ニートで正常な市場に突入しなければなりません(売り手市場の現在だとしても、ニートは需要がないので売り手じゃありませんが。。:)結構詰むなと思いました。この記事は結構リアル風な言葉がたくさんあって興味深かったです。

 

ニートの奴って能力とかやる気以前に「幼い」んだよ。ニートのネットの名言 | あなたを変える名言の森

 

ニートと大量在庫

ちょっと休んでいるだけというだけで、別にニートじゃなくてやりたいことしてるんだ!という正当化を僕は時々しています。でも世間用語「ニート」に僕はドンピシャりなのです。僕はそういう存在として市場から見られています。自分がいかに他の新卒より優秀だと妄想していたとしてもそれは無駄なことです。ブランクが長引けば長引くほど大量在庫になっていくだけの存在は間違いありません。

 

でも、何もやる気が起きない

と、考えたところでやる気が起きません。面接の予定を入れるのも、作品を作るのもやる気が起きません。時々もやもやと考えては、ため息をつき、息苦しいなと思って生活を進めていくのです。

 

みんな「ニート」にあこがれて、嫌ってる

思えば、今の社会ではみんなニート願望があります。

 

働きたくない

外に出たくない

引きこもりたい

逃げたい

いやな人に会いたくない

怒られたくない

社会に出たくない

 

これを優秀な人は彼らを無価値とみなすことでしょう。簡単に逃げられる奴はいいよなというでしょう。でも実際に当事者になってみると思いました。

 

別に好きでニートをしているわけじゃない

 

そう思いました。今の社会はニートに厳しいとニュースでは聞いていました。僕も学生時代はまだ視野が狭くて、ニートとか逃げじゃんとか思ってました。確かに逃げなのかもしれません。でも、逃げるには追いかけてくる物体が存在するのです。彼らは執拗かつ狡猾に追いかけまわします。あらゆる力をもって排斥し、除外し、優越を誇示しようとします。別にそんな勝負なんてしていないのに、雑魚キャラは三国無双ばりに回転切りで吹っ飛ばされていくのが今の社会でした。

 

僕は社会のせいにしているわけではありません。高名なキャリアの方を非難しているわけでもありません。でも高名なキャリアの方々は多様性や平等や、博愛といった本に出てくる「言葉」だけを愛していることが如実にわかってしまいました。美しい言葉を愛しているという特性をもっているだけというのがわかってしまいました。

 

ニート働けと言うのに、働かせるチャンスはない。ブランクが少し空くと、ニートとしてだらしがない、体力がないと認識されてしまう。またやめてしまうのなら、新卒をとったほうがリスク面でも安定とされてしまうからです。

 

あまりにもテンプレの社会構造でつまらないなと思いました。

 

それでも、やる気が起きない

ので、少しずつ一歩一歩小さなタスクをこなしていこうと思います。僕は毎日したことをメモしています。ゲームだけした日も、ニュースだけを見続けた日も、勉強した日も何かしらプラスに感じたことを1つずつポジティブに書いていくことにしました。例えば、

 

・5月1日 ゲーム ブログ1つ

・5月2日 テクスチャ作成

・5月3日 ブログ2つ

・5月4日 就活

・5月5日 ブログ勉強

 

そんな風に書いています。一日寝た日も休息日とプラスに書いています。そうすると何かやり切った感があっていい感じなのです。今日も本当は一日やり切りたいこともあったのだけれど、急にやる気が起きなくなってやめてしまいました。でも途中までできたことをメモして明日につなげたいと思いました。

 

やる気も起きないし、社会的には詰み始めてるけど、完全に詰む前にすべて知っておきたい。そうすれば、やる気が起きたときにすぐ動けるから。やる気はないけどこれからも、やれることを積んでいこうと思います。

 

【関連記事はこちらもどうぞ】 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.co