明日も無色

明日も無色

24歳で超ホワイト企業をやめて無職になった男の記録です。

モテたいと思う心理とリア充への考察

f:id:arufred45Hoo:20170618000329j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

むすめも読んでたら、書こうと思ってた記事が意識からすっ飛んでいったので今日は思ったことを書こうと思います。

 

【癒しのむすメモ】

chizuu.hatenadiary.jp

 

【目次】

 

人と話すのが嫌になった

数カ月ぶりに人と話しました。いや正確には1時間以上誰かと会話しました。無職になる前まで、毎日電話をかけまくり商談をしまくり、駆けずり回っていました。大学生の頃もぼっちとはいっても誰かとずっとしゃべっていました。そんな僕はおしゃべりだけど、無口という天邪鬼な性格。1週間無口でも平気でした。

 

でもそうすると人と話すのが嫌になってくるのです、人と話せば話すほど愚痴が出てきて、あれだったらこれだったらと理想の話ばかりするくせに、誰かを非難し自分の位置を保つ。そんな会話に嫌気がさしてしまうのでした。

 

それなら1人で、ああでもねえ、こうでもねえと行動していたほうが絶対世間のリア充より前に進めるはずだ。いや、進まねばならない。進んでしかるべき。もはや天命とまで考えるようになります。

 

リア充が憎い

なぜ憎いのでしょう。それはなぜかぼっちの居場所がなくなってしまうからです。ボッチはどこの誰とつながればいいのか。ボッチは社会の悪なのだろうか。彼女がいなければ存在価値なし、友達がいなければ人間失格友達の数の多さが成績や成果よりも何よりも重要。なによりも集団行動を重んじ、クラスで1人絵を書いていたら、本を読んでいたらそれだけでのけ者。ダメ男のレッテルが貼られてしまう。そんな空気が大嫌いでした。そんな幼少期を経てきました。その後運動部の部長になったり商社マンになったりしてもその気持ちはずっと残り続けたのでした。

 

モテたいわ

でも久しぶりに親しい人と話して、

 

うわーもてたいわー

 

って学生のモテない男のよくある会話をして思ったことがあります。

 

ああ、まだこんなに僕は普通じゃないか

 

という感情でした。まだ絶賛モテたい。そういう感情が残っていたことをうれしく思いました。1人でいることのメリットは他者に影響を受けずに確実に前に進めることです。しかし、いつの間にか視野を広く保っているつもりが狭まり、どんどん独自の思考回路に特化しマイナス思考に拍車がかかってしまうことにあります。

 

僕はどんなリア充より充実してやる

 

という謎の復讐心が湧き、それを原動力に生きるようになってくるのです。

 

モテたいわの心理

そんな僕がまたもてたいわーって親しい人と会話しているときに思ったことがありました。どんな人が好きなんだろうと。

 

静かで、賢明で、自分を束縛しない寛容な人

 

そんなありきたりなイメージをしてみました。しかし、数多くの人と出会ってきたのになぜできないのか。それは自分のせいじゃないかと思ったのでした。自分は逆にそんな人間になれているのだろうか。むしろ、自分を好き勝手にさせてくれて、自分を好きでいてくれる人なんてもはや仙人レベルのプロプレイヤーです。僕がもてたいわーって思った心理は、

 

今のままの(稚拙な)自分を好き勝手にさせてくれる

ただの理想キャラクターがほしい

 

という甘えだったのでした。

 

そして30秒だけ決意したこと

それは、「天女のごとき寛容さを身に着ける」でした。なぜ天女なのか。それはきっと社会人時代に憤怒の怒りで阿修羅か不動明王に生まれ変わりたいと思っていたことに起因するでしょう。僕の魔の社会人時代の根は深いです。当時は、人間じゃなくて次はどんな事案も業火の炎で燃やし尽くす不動明王になって燃やし尽くしたいと思ったほどでした。そんなわけで天女というイメージがわきました。

 

寛容さを手に入れることが一番必要なことだなと思いました。しかしそれが一番難しい。どんな人も許せる心。批判し、否定することだけに特化してきた僕にはとても難しいことでした。しかし、これはゲームでいえばハードモードと同じです。どんな敵が来ても一休さんのように「まあ、まあ」となだめる力。自己はもちろん、敵対する敵にすら温情を与える力。そんな力がほしいと思いました。

 

それがあれば寛容なボッチとしてさらにクラスチェンジできるような気がしました。

 

最後に

そんな気持ちも3日後には消えてまた、リア充に並々ならぬ復讐心を燃やして勉強をするかもしれません。しかし、人は文字にするだけで記憶に刻むことができます。俺はこいつを許せるだろうか。いや、リア充だぞ。許せん!負けられない!となるかもしれません。しかし、きっと都度このことを思い出すことでしょう。そして、いつの日か、リア充だぞ。ああ平和だなあと思える日がきっとくるように頑張ります。

 

以上参考にならない決意したことでした。