明日も無色

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も無色

24歳で超ホワイト企業をやめて無職になった男の記録です。

【電車】人身事故の現場に遭遇した話

f:id:arufred45Hoo:20170518185939j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

先日、電車で人身事故の現場に遭遇して思ったことを書こうと思います。

 

【目次】

 

人が死にそうな音がした

僕はちょうど乗り換えで電車を待っていました。スマホで家計簿つけよとメモメモしていました。向かいの電車が来たのですが、僕には関係のない電車です。しかし

 

キ、キーーー!ギーーーー・・・・・

 

と汽笛がなりました。僕は線路に鳥でもいたのかなの思うと同時に

 

人が死にそうな音だな

 

と感じました。そうすると、電車が止まりあわただしくなりた。アナウンスで「人身事故」と伝えてきますが、どうせ誰か気分でも悪くなったのだろうと思いました。しかし、どうやら線路に落ちたらしい。駅員が電車の下で「大丈夫ですか。大丈夫ですか」と声をあげます。野次馬も集まり、向かいの電車の中から線路の中を覗き込みます。

 

スマホを構える人

ずっとスマホを構えて、録画している人がいました。その録画をどうするのか考えました。自宅で鑑賞でもするのでしょうか。報道カメラマンにでもなったのでしょうか。違うでしょう。何らかの利益があると考えて録画するのです。僕はああ、どうしようもない人間だなと感じました。

 

死体袋

30分ほどでしたいと思われる「何か」が電車の下から引きずり出されてきました。僕はこれ以上見てはいけないような気がして目を背けました。

 

実は生きてた!!

 

ってなったらよかったのにと思いました。なんで死んでしまったんだろうと顔も何も知らない人に思いをはせました。

 

twitterの情報の速さ

僕はtwitterで検索してみました。そうすると、ぞろぞろと情報がでてきて、飛び込んだ人が電車が来たタイミングでホームに飛び込んだことがわかりました。

しかし、一方で「人身事故とかマジ迷惑。違うところで死んでくれ」という書き込みもたくさんありました。

 

なぜ電車で死ぬのか

確かに電車自殺は多くの人に迷惑がかかるなと実感しました。たくさんの人の予定が終わります。営業先のアポイントやテストに間に合わないなど予定を狂わせてしまいます。

 

しかし、人はなぜあえて電車で自殺するのでしょうか。それは、決心の塊でその場所を選んでいるのではないと思います。下記記事でも言及されていますが、電車という日常的に利用する中で一番危険な移動手段ということがポイントです。電車は多くの人が利用し、会社と家を行き来するものです。しかし、あの狭い空間、狭いホームに日本の縮図があります。カップル、子供、幸せ、疲れ、ストレス、空腹、悪臭。様々な人を否応がなく目にしなければならない。しかも生きている中で他人とあんなに近づいていることはないでしょう。そうした空間にいることで自分と比較しやすい状況に置かれ、より一層心や視野が狭くなってしまいます

 

加えて電車で人が死にたくなるのは、その先に死んでしまいたくなる原因があるからです。それはもしかしたら家なのか、会社なのかはわかりません。その目的地に行けば死ぬリスクは電車よりなくなります。しかし悩める人にとってそれが意味するのは「逃げれなくなる」ということなのではないでしょうか。今、このホームに降りれば、すべて一瞬でなくなる。PCのゴミ箱を空にするように一瞬で。そう思うのではないでしょうか。

buzzmag.jp

 

僕も危なかった

人が死にそうな音がする、したいかと思ったとき、少しだけ半年前の僕の状態だったら1%くらいこうなっていたかもしれないと思いました。僕は心配性なので、常にホームで押されても華麗に避け、万が一ホームに落ちても俊敏に避けるイメトレを欠かさず行っています。しかし、精神的に一番電車のホームで待っているときがつらかったのを思い出します。毎日毎日同じ繰り返しに出てくる駅。この電車を乗ったら、地獄の場へ行かねばならない。憂鬱すぎる。息が苦しい。そう思っていました。

 

よく駅のホームで考えました。ドラマや小説みたいにホームに飛び込む可能はあるのかについて。しかし答えは出ていました。

 

いや飛び込むなら逃げる。だから飛び込む可能性は0だ。

 

 

 

死ぬなら逃げてしまえばいい

死ぬなら逃げまくればいいと思いました。すべての人の命は尊いなんて思いませんし、寿命は延びるべきではないとも思っています。しかし、しかしね。死ぬほど虚無で、どうしようもなく生きていてもしょうがないぼっち乙でも、たとえ四面楚歌のスーパーウルトラ孤独の星の名のもとに埋まれ、何をしても嫌われ、何をしても疎まれてどうしようもなく自分に価値がないと思って死んでしまうなら、逃げてしまえばいい。あらゆるすべてから逃げてしまえばいい。それはあの世にとかじゃなくて現実のすべてからだ。一日中音楽を聴いてもいい、会社や学校に行かなくてもいい、家に帰らなくてもいい。逃げてしまえ。走ってしまえ。僕はそう思う。

 

なぜ死んではいけないのかという問題がある。それについて法律に言及はない。僕は自殺する人に対して評価はできないが、ただ、そうただ、「生きていてほしかったなあ」と思うだけなんだよな。

 

僕が期待したヒーロー登場的な展開

rocketnews24.com

人は、どうしても死にたいやつは死なせればいいと口では言います。でも僕は口よりも手を動かせるような人になりたいです。何かを救える人になりたい。だって、そっちのほうがカッコいじゃない

 

コラム:振替乗車の切符問題

今回の人身事故で振替輸送を行うとアナウンスが流れました。しかし、ICカードの人は対象外で、切符と定期のみが対象となっていました。それに猛抗議する年配の女性グループ。

 

ありえないわよ!おかしいわよ!道理が通らないわ!!

 

いいえ、道理通りまくりです。ICカードは後払い制です。したがって、目的地まで確定していない状態なので振替輸送の対象外なのです。

trendripple.jp

年配のグループは抗議しまくり、通してもらえてましたがそんな年配グループに抗議しまくりたい正規の集団がたくさんいたのではないかと思います。

 

最後に

最近ではあらゆるところにホーム転落防止柵ができています。人が自殺したくなる原因はもっと別にあります。そこをなんとかしなくてはいけない気がします。

 

以上思ったことでした。

 

【関連記事はこちらもどうぞ】 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com