明日も無色

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も無色

24歳で超ホワイト企業をやめて無職になった男の記録です。

【ブラック企業リスト】厚生労働省が発表した47都道府県334社全部ざっくり見てみた

f:id:arufred45Hoo:20170514132107j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

先日、厚生労働省より「労働基準関係法令違反に係る公表事案」334社が発表されました。334社ざっくりみた感想を書きます。

 

【目次】

 

334社、どういう企業が多い?

334社見てみると、とても小さい企業が多いことに気が付きます。町工場や建設業の孫請けといった中小企業、零細企業がとても多いです。その中で、いくつか電通パナソニック三菱電機といったニュースで報道された企業の名前も見受けられましたが、メインは中小企業でした。

 

どういった違反が多い?

給料未払い2年間、労災に関してや虚偽の事実を報告したなど卑劣な違反も見受けられました。しかし私見ですが企業の規模や資産状況を見ても明らかに法律に疎い経営者が多い結果、報告違反となった事案も多そうでした。

 

ブラック企業リストではない

ブラック企業リストというほどのものではないと感じました。一部給料未払いなどもありましたが。調べるととんでもなく小さい会社です。確かに法律違反なのは間違いありませんが、僕の中のブラック企業という枠には当てはまりませんでした。撲滅すべき企業とは言えないような気がしました。

 

僕は前職で数多くの中小企業の経営者と商談してきました。与信管理もしていたので企業の財務状況も気にかけていたのですが、中小企業はかなり厳しいのが現状です。町工場で20~30人規模で営業されているところは一人当たりの仕事量も苛烈で、しかも孫請けに近いので採算もない。しかも求められる仕事のレベルが高いので余裕もありません。その中で、報告違反や現場の感覚でやっていた作業が効率を重視した結果、「違反」となっていたということもあるのではないかと僕は思いました。

  

報道のミスと弊害

報道ではこれをブラック企業リストと銘打ってますが、それは報道側の解釈のミスだと思います。しかもどの記事も、詳細には触れず、電通など軽く触る程度。詳細を見ても、うまみのある記事とは感じなかったのでしょうか、それとも知らない企業すぎて調べるのもめんどくさいと感じたのでしょうか。しかし、ブラック企業リストというからにはしっかり基準を公表すべきでしょう。厚生省のHP掲載基準は明快ですが、報道側はそれがなぜブラックに当たるのか基準を公表すべきです。ブラック企業というのは世間が作り出した基準なのだから。

 

簡単に詳細も見ずにブラック企業一覧と報道することで、企業側には想像以上の弊害が起きます。大手企業はコンプライアンスが厳しいので、法令違反や心象の悪い企業と商売をしようとしません。その結果、この一覧をブラック企業と報道されると、それだけがその企業の印象になり最悪、つぶれます

 

厚生省はここまで弊害を考えていたわけではないでしょう。PDFで公表しているのですから。しかし、間違った報道は企業をつぶしてしまいます。気を付けなければなりません。今ではたくさんの人がブログやYouTubeなど自分の媒体を持っています。そして僕よりも調べて詳細に記事にする人がいるとしましょう。そうなると、インターネットで某零細企業を調べるとその人のブログ記事が真っ先に出てくることになる可能性も否定できません。零細企業は地図に名前がある程度が多いにも関わらず、この企業はブラック企業!という記事が真っ先に出てくるのです。

 

僕は、本当のブラック企業はもっとたくさんいると思います。上記公表事案の中にもきれいな文章に隠れた卑劣な事案もたくさんあるかもしれませんが僕には知ることができません。もっと具体的に書いてほしいなと思いました。

 

そのほか詳細はこちらもどうぞ

www.buzzfeed.com

 

ブラック企業とは

それはやはりブラック企業ランキングを見るべきでしょう。ここにブラック企業のすべてがある。

blackcorpaward.blogspot.jp

 

ブラック企業に入らないために

就活や転職活動では口コミサイトをよく使っていました。カイシャの評判ログインしなくて全部の口コミが見れるので便利です!ほかの口コミサイトはログインしてもいろいろ条件があって口コミが全く見ることができないので意味がありません。

 

会社の評判、口コミ、年収から転職・就職情報まで分かる|カイシャの評判

 

あとは、面接や求人から自分の目で確かめるしかありません。現場がブラックな可能性が高いので、人事よりも部長級、できれば事務とかに話が聞けるといいですね。僕も説明会で話したことありますが、中途半端な立ち位置だったり新人は、説明会で「もう死にそうなくらい働いてるよ」なんて言いません。働いているときは感じない「やりがい」という理想をどこからかもってくるだけです。

xn--n8jydc4j1hperfog0200a58ew98d4jjc8k.com

 

最後に

公表するにしても、もっと具体的な経緯まで知りたかったのが正直なところです。きっとどこかの図書館行けば見れるのかもしれませんが、そんなの公表してるとはいえません。もっと身近に公表してもらいたいと思いました。

また、法令違反と区切ればそれだけでブラック企業として撲滅対象になるという考え方も昔は賛成でした。でも企業ごとに事情が異なります本当にもう極悪な企業から情状の余地のある企業までたくさんあるんです。すべてを一つのルールで当てはめるのは簡単ですが、常に個別に考える意識を大切にしていきたいですね。

 

【関連記事はこちらもどうぞ】 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com