明日も無色

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日も無色

24歳で超ホワイト企業をやめて無職になった男の記録です。

【ブログ初心者】好きで書いているという思い込みと操り人形【アクセス数】

f:id:arufred45Hoo:20170401171055j:plain

こんにちは、青色申告です。

まったく勉強する気力がなくなったので、ブログ更新します。

 

今回は、ブログを書く気力とアクセス数と話題との関係を考察します。

 

【目次】

 

ブログを書く意味

ブログを書く意味って何でしょうか。日記でしょうか、話題提供でしょうか、お金を稼ぐためでしょうか、メモでしょうか、アクセス数を稼いで満足を得るでしょうか。これは人によるでしょう。総じて「はてなブログのトップページ」に出てくる記事の場合は、アクセス数」を稼ぐことを主目的にしていることがわかります。それはタイトルからわかります。例えば、友達のせいで損した話というのを、【FX】こんな話に騙されるな!【被害者談】など全く違うタイトルにしただけで、よりGoogleでアクセスされやすくなる。しかし、嘘はついていませんし、ターゲット設定にもよりますがより多くの人の目を引くタイトルです。

 

アクセス数の誘惑

f:id:arufred45Hoo:20170401170917j:plain

しかし、ここで重要なのが「アクセス数の誘惑」だと思います。本当は、ただ日記みたいにかいて、さらっと書き上げたいのに文章の体裁や誤字脱字、画像配置をかんがえてしまいます。せっかく作ったものは利益にしなければと思うのです。そして、ここまで作ったんだから広告も張らなきゃな、せっく作ったんだからと。そうなると生じてくるのが時間と体力の消耗です。全然気軽なんかじゃなりません。むしろTwitterでつぶやいてたほうがましだったんだじゃないかと思うくらい。

 

書く気0

f:id:arufred45Hoo:20170401171012j:plain

そして起こるのが、「書きたくない」という気持ちが生じることです。仕事終わりに書く体力がない、時間がないとなってしまうのです。それは予期せずして、時間がかかるコンテンツ化をしてしまうからです。

 

アクセスの操り人形

f:id:arufred45Hoo:20170401171559j:plain

また、話題も実は自分が書きたいことを書ける人はトップブロガーには少ないんじゃないかなとか思います。なぜなら、アクセス数の誘惑がここでも生じてくるからです。アクセスを稼ぐためには、自分の興味が出た瞬間の話題よりも世間にとってニーズのある話題に左右されます。例えば、三内丸山遺跡でじつはこんなマル秘スポットがある!という話題を書きたいとしましょう。しかし、世間のニーズが仮に大森貝塚だとしたらそちらにマル秘グルメとか、それこそ「てるみくらぶ」について書いたほうがアクセス数は稼げるのです。しかし、じつはそれアクセスを稼げるのはすでに知名度のある一部のブログだけなんですよね(完全に自分の思い込みです)。そのほかは、大量のブログに押しつぶされて、せっかく書いた良記事うもれてしまうことも多いです。

実は、書きたいと思ってたこともブログを書けば書くほど書けなくなる。その書こうと思ってた記事がアクセスされないことはわかっているから。それよりも下ネタ系とかスキャンダル関係とかのほうがアクセスされることがわかってしまう。そうなると、どうなるのか。それはただの仕事と化します。世間のニーズに、動向、雰囲気にそうとすればするほど、それはただの文字書きライターになるのではないでしょうか。

 

最後に

じゃあ、お前どうなんだって言われたら、僕も全くその通りなんです。なんの記事書こうかな。あ、この記事こんなに読まれるんだ!!となると、やっぱこんな記事書いたほうがいいのかなとか思います。でも、ページ読んでる時間とかみたら7秒だけとかざらなので、結局アクセスされても無駄なんです。

ブログは日々葛藤の創作活動だと思います。書きたい、読まれたいのちょうどかみ合った部分を探すのは大変だけど、仕事じゃないんだから、もっと気を抜こう。それよりも、俺は文章力を鍛えたい。もっとを書こう!そう思うことにしました。

 

以上、ブログを書いてて思ったことでした。

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com