明日も無色

明日も無色

24歳で超ホワイト企業をやめて無職になった男の記録です。

【ウルヴァリン】今年1番気になる映画「ローガン」とMarvelとDC映画の違い【アメコミ】

f:id:arufred45Hoo:20170416100341j:plain

こんにちは、青色申告です。(☝公式HPより)

 

結局、メモしたことはなかなか書く気が起きないというか、メモしたことでそれ以上書けない気がするとか思ってます。今回は、いまPCの前で思いついた今年一番になるんじゃないかという映画「ローガン」とMarvel映画とDC映画の変わってきたなーってところを書いていこうと思います。

 

【目次】

 

期待大 「ローガン」

youtu.be

完全に私的なんですが、今年一番面白いんじゃないかという映画は2017年6月公開予定の「ローガン」だと思ってます。え、ローガンってなに?という人もいるかもしれませんが、X-Menシリーズのウルヴァリンが主人公の物語です。正直に申し上げると僕はX-Menが好きではなかったのですが、ファーストジェネレーションで一番好きになりました。このファーストジェネレーションはお世辞にもヒットしたとは言い難い作品です。古臭いスタートレックのような印象でした。しかし、内容は歴史と戦争と能力をもった「人間」という最高な組み合わせ。例えるならばFPSゲームCoDではなく、バトルフィールド1みたいな印象です!(←わかりにくい)本作もまたその例にもれず、能力よりも人間性を押し出した作品に仕上がっていると思ってます。

 

映画『LOGAN/ローガン』オフィシャルサイト

 

↓ファーストジェネレーション

youtu.be

 

あのゲームにそっくりなんですけど

あのゲーム。それは世界的に大ヒットしたThe last of us(以下、ラスアス)にほかなりません。ストーリーは荒廃した近未来で生身の人間になったローガンウルヴァリンというコードネームではなくローガンという人間にフォーカスされてる。最高かよ)が1人の少女を守るというもの。トレーラーみてて、これラスアスじゃねえかよと思いました。大ヒットゲームまでオマージュしているのかしらとか考えました。その時点でこれはいい映画になるぞと期待したのでした。

↓はラスアスのPV(PS4

youtu.be

 

MarvelとDCの昨今の状況

アベンジャーズ(Marvel)、ジャスティスリーグ(DC)という2大ヒーロー集団ものが増えてきました。いつでも、スパイダーマンがいてハルクがいてという状況になりました。これで喜んでいるのはヒーロー戦隊大好きちびっこだけではないでしょうか。僕があと15年遅く生まれていれば、バラ色の人生到来か!!とうっとりしたことでしょう。しかし、年を若干とり今では単純にヒーローものというだけでは惹かれなくなりました。そこには人を引き付ける魅力である「ドラマ」が必要なのです。それなのに、今のジャスティスリーグとか見ていると、福袋をかってきたような気持ちになります。その福袋の中には個性のないものばかりという残念な気持ちです。これは今の映画に特に顕著です。

 

昔のスパイダーマンは名作でした。ピーターはかっこわるく、イケメンでもなかったけどそこには間違いなく「ピーター」がいました。ゴブリンジュニアはゴブリンジュニアなりの人生が描かれていました。ちなみに僕は一番ベノム(映画化するみたいです)が好きです。これもスパイダーマン3で出てきて当時2回見ました。笑。あれはいい映画でした。

「スパイダーマン」悪役・ヴェノムの映画化企画が復活 - シネマトゥデイ

youtu.be

 

バットマンビギンズシリーズも最高でした。能力を全面に押し出さず、そこに人間性とドラマを織り込む。かっこよすぎました。

youtu.be

 

出版会社は異なるものの映画に共通点があり、そこにはまぎれもなく本当のヒーローがいました。人間の正義がありました。しかし、今はその正義がありません。能力大暴れ、集めればかっこいいみたいな感じです。おそらく30代以上には受けないかもしれません。そもそもMarvelではそれが特に顕著で、特徴でもありました。どちらかというとMarvelは「子供向け」で、ザ・ヒーローという作品が多くあります。それはそれでいいんです。一方で、DCバットマンやスーパーマンなどアダルト向けという印象で、すごい能力というよりも人間を軸として小説のように話が展開していくという点が魅力でした。しかし、バットマンVSスーパーマンという映画から変わってしまいました。いきなり、頂上決戦のようなドラゴンボールのような展開。おいおい、このバットマン人間じゃねえよと思ってしまいました。また、スーサイド・スクワッドにおいては僕は「違うんですけどーーー!!」って思ってしまいました。なんか、Marvelに対抗するDCのファンを忘れた戦争に巻き込まれた気持ちです。ファンを置いてけぼりなら、今後もファンなど増えないのではと思ってしまうのでした。

 

コラム:Watchmenを知っているか

1930年代、アメリカ合衆国の各地に犯罪者を相手にマスクとコスチュームで身を隠して戦うヒーロー達が出没し始めた。
彼らは自らと同じような仮面とコスチュームを身に着けた犯罪者(作中では身元を隠すためと説明されている)と闘っていくうち、いつしか一堂に集結して「ミニッツメン(Minutemen)」という組織を作り、第二次世界大戦など政治や戦争の世界にも大きく関与していく事となる。しかし時と共に当初のメンバーたちは、戦闘や犯罪者の報復で命を落としたり、精神に異常を来したり、彼ら自身が法を破ったとして逮捕されたり、あるいは初代シルク・スペクターのように引退したりと、様々な事情で姿を消していく。
数十年後、第2世代の「スーパーヒーロー」達(彼らは最低でも常人を遙かに凌ぐ体力を持ち、テレポーテーションなどの超能力を持つ者もいる)がまた一堂に集結し、新たな組織「ウォッチメン(Watchmen)」を結成するが、彼らをアメリカ政府は政治の道具として利用し、ジョン・F・ケネディの暗殺ベトナム戦争ウォーターゲート事件アポロ11号月面着陸等の歴史的事件に関与させていった。Wikipediaより)

Overwatchとは違うんですが、DCには名作「Watchmen」というヒーロー団体がいます。これが原作は分厚くて読むのも挫折する超大作なのですが、これがいい作品なのです。なんか本当にあったんじゃないかというくらい、しょぼい人間たちが歴史の様々な事件と関与しているというストーリーは歴史とヒーロー大好きな僕にはどストライクなのでした。これは映画化もされ、300で有名なザックスナイダー監督3時間のこれまた大作。ヒットはしなかったものの、すごい映像表現でしたよ。しかも、もはやサスペンスなのかと思うぐらい練られたストーリーで、9歳くらいだったら逃げ出すレベルでした。笑。見なかった君はもったいないことをした!!

youtu.be

 

最後に

以上、きっと今年一番面白いアメコミ映画についてでした!集団になると、人はどのキャラクターに感情を移入すればいいかわからなくなります。多くのキャラクターをコラージュ的に並べるのはそれでも面白いですが、人の心を動かすのは良くも悪くも感情移入できる対象が必要です。「俺だったら、私だったらそうは思わない。こうするわ。このキャラおかしくね?」と思える対象が必要なのです。なかなか難しいことですが、Simple is bestなのかもしれませんね。

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

【最速レビュー】ばかうけと噂の『メッセージ』試写会の感想を書く【アカデミー賞受賞】

f:id:arufred45Hoo:20170416075727p:plain

こんにちは、青色申告です。(☝公式HPより)

 

最近ばかうけ!とニュースになっている本作品。

 

先日、とある筋から機会を得て、2017年5月19日国内上映『メッセージ』という作品の試写会に行ってきました。その感想というか、思ったことを書こうと思います。感想文とか得意ではありません。映画を見て思ったことって感じなので、ネタバレとかないように注意します。

 

【目次】

 

『メッセージ』とは何か

youtu.be

突如出現した未知なる飛行体―。
“彼ら”は人類に<何>を伝えようとしているのか?
ブレードランナー』続編の監督ドゥニ・ヴィルヌーヴが贈る
すべての人の胸を打つ感動のSFドラマ。

SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編の監督に抜擢されたことでも注目の、『プリズナーズ』『ボーダーライン』などで独特の映像美と世界観が高く評価されているドゥニ・ヴィルヌーヴ。彼の最新作『メッセージ』は、優れたSF作品に贈られるネビュラ賞を受賞したアメリカ人作家テッド・チャンによる小説「あなたの人生の物語」を原作に映画化された、全く新しいSF映画
謎の知的生命体と意志の疎通をはかろうとする言語学者のルイーズ役には、『アメリカン・ハッスル』を含め5度アカデミー賞にノミネートされたエイミー・アダムス。彼女とチームを組む物理学者イアンには『ハート・ロッカー』など2度アカデミー賞にノミネートされたジェレミー・レナー。軍のウェバー大佐役には『ラストキング・オブ・スコットランド』の演技でアカデミー賞主演男優賞を受賞したフォレスト・ウィテカーが扮している。

上記は公式HPより引っ張てきた内容です。正直、僕はこの監督知りませんでした。ネット上だとどちらかというとブレードランナーの続編のほうが話題にのりやすいみたいでね。本作品はアカデミー賞の音響編集賞を受賞し、そのほかたくさんの賞を受賞した作品です。広告だと、「感動作品」「今年の映画はこれで決定!」とかいう口コミらしいのですが、僕が抱いた第一印象は埋もれやすい広告だなという印象でした。試写会の機会がなければ見なかったかもしれません。それほどインパクトの薄い広告表現だと感じました。また広告のチープ感も否定できません。かなりの低予算で作られていたことからも、飛行船にインパクトがなかったので広告映えしませんでした。しかし、こうした低予算ながら本作品は世界中で絶賛され、総売り上げも予算対比で2倍以上だったと試写会の時聞きました。

 

『メッセージ』をみた印象

SF映画というとスターウォーズとか宇宙人とかそんな印象しかありませんでしたが、本作品は広告でも銘打っているように「ヒューマンドラマ」でした。突如飛来した宇宙船、困惑する人間。そこに派遣される2人の学者。この学者が主人公です。2人を中心として様々な人間模様を描いています。だけどね、僕は感動なんてしなかったんですよね。でも下記述べる観点で素晴らしい映画でした。こうした点を考えられた点で僕にとっては価値ある作品でした。以下完全に私見です。

 

『時間』と『言語』

この作品でいいなと思ったのは、2人の学者が文系と理系だった点です。彼らは宇宙人とコンタクトを図るためにさまざまな手段で接触します。その過程ででてくるのが「未知の言語」と『時間』に対する考察です。こういうと難しい印象を受けるかもしれません。簡単に言えば、大したことはありません。『言語』は日本語、『時間』は時計です。そんなもんです。本作品ではこの二つが大きなテーマになっています。どちらの文字も言葉にすれば「文系」の領域ですが、分析するとなるとそれは「理系」の問題です。共通点や法則性さらにはその意味に至っては計算式が必要になることもあります。太古の人の時間感覚をつかむことは光の速度などの認識を相互に定義づけなどを行い対比する必要も出てくるでしょう。そうすると、そこから数字を文字にする、説明するとなると文系の領域にもなります。その定義づけされた言葉を解釈する必要がでてくるからです。

 

映画を見ている最中にこんなことを考えていました。本編では上記のことがあまりフォーカスされていませんでしたが、そこが見事に描かれていました。昨今では「文系」「理系」で差別される印象もないとは言えません。文系と理系は違うというのは性別問題とも重なります。実際はどちらも解釈の仕方が違うだけなのです。僕の好きな言葉があります。

 

文系も理系も対象物は同じ

一種の球体を別の角度から眺めているに過ぎない

 

本作品でもこうした解釈に大筋沿っていたのではないかと思いました。単純な感動ドラマではなかったのが僕にとってはうれしかったです。ラストも結構いい感じでしたが、俺は宇宙人の意図があまりにインパクトはないけど、なんか「好き」って思いましたよ。

 

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督と【ゲスト】にあってきた

f:id:arufred45Hoo:20170416080805j:plain

映画を見終わってから、監督とゲストの話を聴けることになりました。ゲストって誰?→どうやら女性→え!まさか主人公エイミー・アダムスですか!と、期待しました。しかし、まさかのゲストは「関根麻里」。なんだこのなんとも言えない気持ち。とにかく監督の話を聞こうとなりました。監督は様々な質問に答えていました。特に印象に残ったのは、「映画を作ることは詩と同じだ。原題は『Arrival』だが日本では『メッセージ』。それはそれで受け手の解釈次第なんだ』と言っていました。それは確かにそうかもなと、なんか感心しました。すいません、あまりお伝えできるインパクトのある言葉はありませんでした。超普通のいい人だったんですよね。

 

ブレードランナー 2049

youtu.be

ブレードランナーって映画音痴な僕も知ってます。そんな続編作る監督ってすごくね!って小市民ながら思いました。でも、2049ってチープ映画にありがちなタイトルで心配したんですが、正統続編と聞き驚きました。『制作は終わりそう』といっており、こちらにも期待ですね。

wired.jp

 

最後に

感想文ってやっぱり難しい。レポーターにはなれそうもありません。でも単純にこの映画の感想は見てよかったなということです。いい作品です。町の小さいシアターで映画を見るのが好きなのですが、ああいうところで上映してくれたら雰囲気出てさらにいいだろうなと思います。さすがアカデミー賞ノミネートだけではなく(監督、作品、脚本、撮影などなど)音響編集賞を受賞しただけあって「音」すごかったですよ。音で言葉を表すのはすごかったです。そこが本作の魅力でもあるかもしれませんね。見ても損はない作品だと思います。

 

追記:ネットの口コミを見るとどうやら「残念な作品」ってなってました。SF映画というよりその学者の考察目線や音とかで評価してたんで僕にとってはいい作品だったんです。しかし、単純にスターウォーズとかマーズアタックとか戦争SFや宇宙人の奇妙さを求めると残念になると思います。また監督がカナダ出身ということもありカナディアン部族や北海道などかなり民族と言語の関係を本作に織り交ぜておりそこも僕にとっては評価対象となりました。

 

映画『メッセージ』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

 

【Overwatch】ゲーム本編を超えたショートアニメーションムービー【映画化してくれ】

f:id:arufred45Hoo:20170414012204j:plain

公式HPより引用)

 

こんにちは、青色申告です。

 

突然ですが、オーバーウォッチってご存知ですか?今回はこのオーバーウォッチというゲームのPVが好きすぎるという思いを書こうと思います。

 

【目次】

 

そもそも【Overwatch】ってなによ

未来の地球、人類はオムニウムを利用した人工知能ロボット「オムニック」を開発し大きく発展していた。しかしオムニックの反乱により、人類は終わりの見えない戦争に突入する。「第1次オムニック・クライシス」と呼ばれたこの戦いを終結させるため、各国の精鋭が集い「オーバーウォッチ」を結成、25年に渡る戦争は終結した。人々はオーバーウォッチを称え、そのメンバーはヒーローと呼ばれた。Wikipediaより)

Overwatchとは、先日紹介したハースストーをはじめ様々ゲームを制作しているリザードエンターテイメントによるオンラインFPSゲームPS4。世界中でゲーム大賞を総なめし、現在もプレイヤーが増加している人気ゲームです。そんな僕は、まだやったことないんです。しかし、実際にやることよりもその回り方攻めていくタイプの僕はいつもこのゲームの情報をYouTubeで確認していたのです。集めた情報によるとこのゲームにはトーリーモードがありません。あんなにキャラ設定が濃いのにストーリーモードがないとは、アベンジャーズがいきなり最初に登場したような感じです。

 

OverwatchのPVはこれだけで作品レベル

しかし、さすがブリザードエンターテイメント。天才です。そのストーリーだけをPVにして小出しにYouTubeでアップしているのですから。この動画は、まったくオーバーウォッチを知らない人でも引き付ける内容になっています。まったくの初見者に興味をひかせるのが本来のPVともいえ、まさに体現しています。ゲームは通常、興味がある人が調べてPVを見るという流れでしたが、作品として見て面白いPVによって、さらに多くのターゲットをOverwatchに集中させることを可能にしました

 

以下、厳選して挙げていきます。初見でも関係なし、前情報も必要なし【ヒーロー登場】と【龍がわが敵を喰らう】だけでもすごいですよ!一つ一つがすべていいとこ凝縮な感じです。(タイトルは僕が勝手につけました)

 

ヒーロー登場

これが一番最初にアップされた動画です。マジかっこいい。

youtu.be

 

龍がわが敵を喰らう

これマジかっこよすぎてごはん3杯いけます。

youtu.be

 

【ゴリラの眼鏡は宝物】

もう僕も招集されたい。

youtu.be

 

最後に

以上いかがでしたか。僕はヒーロー系が本当に好きで、

 

おおこれぞ!ヒーローではないか!!

 

と興奮しました。実は、このゲームをしていなかったのはトーリーのないゲームって何が楽しいのかなと思ってしまったからです。しかし、ブリザード完璧な形で彼らのストーリーを提供してくれました。これによってさらに多くのファンがついたことでしょう。これはもはや映画化してくれと思ったら、アニメ化するみたいですね。新しいヒーロー組織の誕生にワクワクです。クロスオーバーとかする可能性も高いですね!僕的にはやっぱりスパイダーマンですかね!

d3watch.net

 

ご紹介した動画以外にもたくさんあるので見てみてください!!ゲームについてはまた今後いろんな形でプレイしつつ、ご紹介できればなと思ってます。

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

 

【真の神ゲー】むしろ課金したくなるアプリゲームをやっと見つけた【無料】【無課金】

f:id:arufred45Hoo:20170413235703j:plain

Hearthstoneの公式HPより引用)

 

こんにちは、青色申告です。

 

 本当の神ゲーってなんで特集されてないのか疑問ですよね。大体、ヒット作というより「広告的な記事」ばかりです。今回は、無課金でずっと楽しめて、え、課金したほうがよろしいんじゃないでしょうか」と思わせてしまうような神ゲーアプリを見つけたので紹介します。

 

 その他良作もいくつかご紹介します。ストラテジーやオンライン対戦系が多いかもですですが、人によっては神ゲーです。

 

【目次】

 

【真の神ゲー】Hearthstone

youtu.be

もうね、これだけといっても過言ではないくらいの神ゲーです。このゲームはディアブロオーバーウォッチといった神ゲーを制作しているリザードエンターテイメントの作品です。スマホでもPCでも同一のアカウントでプレイできるカードゲームです。

 

本作品の魅力は、無課金でもずーーと楽しいというプレイスタイル「スタンダード」という戦略と課金勢わっしょいな「ワイルド」というプレイスタイルに分かれている点です。スタンダードでは、ある一定期間のカードのみでプレイヤーは対戦をしなければなりません。そのため、雑魚キャラもうまく使って勝ち進む必要があるのです。戦略次第では課金したから強いというわけでもなく、普通に無課金雑魚キャラでも回すことができます。またそうしたプレイで勝てたときは本当に最高なのです。

 

また、絵柄の質も高いです。オーバーウォッチが好きな人にはたまりません。絵柄のユニークさはビックリマン遊戯王、マジックザギャザリングの絵柄だけをみてプレイしたことはない筆者から見ても最高です!

 

よく、シャドウバースとも比較されますが、僕はあのゲームシステムが好きじゃなりません。ガチャ押しの表示画面とどうでもいいストーリーがやる気をなくさせます。ハースストーンは男女問わないデザインと、やることがシンプルです。永遠と世界中のプレイヤーと対戦が可能です。また週に一回面白い企画ゲームが行われ、これが飽きさせないのです。

 

課金についていえば、課金すればよりゲームが楽しくなるというだけです。課金しなければ勝てないというわけではなく、対戦による報酬やクエスト達成、報酬カードの換金などで戦略的に、よく言えばじっくりと考えながら自分のデッキを作成できてしまいます。カードデザインも素晴らしいので、課金しても損はない素晴らしいカードゲームだと思います。(僕には課金するお金もない状況ですが)

ハースストーン (Hearthstone)
ハースストーン (Hearthstone)
無料
posted with アプリーチ

 

 課金しなくても楽しいゲーム

クラッシュ・ロワイヤル

youtu.be

こういうブランディングをしてくるsupercell好きです!クラロワは結構CMやyoutuberが紹介しているので有名ですね。これもカードゲームの一種なのですが、ストラテジー系に分類されるゲームです。城とドラゴンのようなシステムですが、こっちのほうが精錬されていていいゲームです。世界中にプレイヤーがいるので、いつでも対戦できますが、やはり課金勢が強い印象があります。無課金でも十分楽しめるのであとは好みになってくると思います。

クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)公式サイト | Supercell

クラッシュ・ロワイヤル (Clash Royale)
クラッシュ・ロワイヤル (Clash Royale)
開発元:Supercell
無料
posted with アプリーチ

 

テラバトル

youtu.be

これは無課金でずっとできるパズルゲームです。特徴は、キャラデザインがスマート。課金もごり押しはないです。広告もタイトル画面も非常にスマート。むしろ逆にメルマガほしいレベルです。しかし、イベント系は強すぎて当分相手になりません

 

 楽しめるけれどリムーブしたゲーム

こっから、飽きてしまったり難点はあるけれど良作というのを紹介します。Gameloftの作品が多いですが、どっかの広告とは違う確かなプレイで感じたものだけを上げてきます。

 

ブリッツブリーゲート

youtu.be

アプリ版FPS対戦ゲームです。GameloftといUbisoft子会社の作品です。さすが、モダンコンバットを代表としたゲーム会社ということもあり、ゲームシステムは最高です。大学の時は徹夜でオンライン対戦してました。大容量バッテリーが必須になるくらいの熱中度です。基本プレイは無料ですが、新キャラやアイテムなどは無課金で獲得は少しヘビーです。またフィールドの数も少ないので、飽きてしまうかもしれません。

ブリッツ・ブリゲード - オンラインFPS!
ブリッツ・ブリゲード - オンラインFPS
開発元:Gameloft
無料
posted with アプリーチ

 

オーダーアンドカオス デュエル

youtu.be

これも当時徹夜でやった神ゲーです。オンラインカードゲームで、途中までは無課金でできますが、一定レベルになると無課金でゲーム内で新しいカードを手に入れるのが難しくなります。またカードの種類もハースストーンに比べるとバリエーションも少なく、何よりランクマッチは普通に課金勢に当たると瞬殺でやる気がなくなりました。課金したいと思えるほどではありませんがいいゲームです。

オーダー&カオス デュエル
オーダー&カオス デュエル
開発元:Gameloft
無料
posted with アプリーチ

 

Simcity Buildlt

youtu.be

シムシティ』とは、箱庭の中でリアルに再現される「社会」で、プレイヤーが「市長」として自分の都市をつくり、市民の幸福と都市の発展を目指して様々な決断をしていく、「都市開発シミュレーション」ゲームです。プレイヤーは様々な選択を自由に試し、その結果を見て楽しんだり、別の可能性を無限に試していく事ができます。経済、治安、環境などが安定し、市民が暮らしやすい都市は、人口も増加して発展していきます。
さあ、あなたの「理想の都市」を自由につくってみましょう!(公式HPより)

バトルフィールドで有名なEAが製作した街づくりゲーム。町ゲーならこれで決まり!なのですが、町作ってどうすんだと思った僕はある日アンダウンロードしました。。町を作る職人肌な人にはおすすめ。

シムシティ ビルドイット (SIMCITY BUILDIT)
シムシティ ビルドイット (SIMCITY BUILDIT)
開発元:Electronic Arts
無料
posted with アプリーチ

 

World of tanks

youtu.be

これはもはやテレビゲームです。それがスマホでできるというんですから驚きです。いつでもリアルなオンラインチーム戦車バトルができます。しかし、そこににあるのは戦略です。どこの陣地にいるのか、チームはどういう方針なのか、どうやったら勝てるか。常に考えなければなりません。僕は、もうちょっと大画面でやりたいと思いました。ストラテジーが好きな人にはたまらない作品だと思います。無課金でもずっと楽しめますよ。僕は画面が小さくてスマホには向かないと思いリムーブしました。

ワールド・オブ・タンクス・ブリッツ
ワールド・オブ・タンクス・ブリッツ
無料
posted with アプリーチ

 

アスファルト 8

youtu.be

これもGameloftのレースゲームです。おそらく、レースゲームならNo.1神ゲーです。しかし、これも単調なので飽きました。俺は何のために走ってるんだとなってしまいました。走り屋にお勧めです。

アスファルト8:Airborne
アスファルト8:Airborne
開発元:Gameloft
無料
posted with アプリーチ

 

人生で購入した【有料】アプリ2つ

僕が唯一購入した有料アプリを2つだけ紹介します。

 

Radiation Island

youtu.be

本作は、オープンワールドゲームです。フィラデルフィア計画で放射能島へテレポートしてしまった主人公が島の謎を解きながらサバイバルするゲーム。マインクラフトのリアル版でアプリとしては最高傑作。当時300くらいで買って、素晴らしいコスパでした。ただ当時iPodtouchでやっていたので、バッテリーが持たず苦戦しました。iPadがおすすめです。

Radiation Island
Radiation Island
開発元:Atypical Games
¥360
posted with アプリーチ

 

ギャングスターリオ

youtu.be

これはグランセフトオートが好きな人にははまると思います。アプリでオープンワールドが楽ししめます。リオは買い切りの800ですが、僕はフリーの日にゲットしました。素晴らしいゲームです。最近では、ギャングスターベガス(無料)などがありますが、あれは僕は好きじゃありません。課金ゲーです。

ギャングスターRIO:City of Saints
ギャングスタRIO:City of Saints
開発元:Gameloft
¥840
posted with アプリーチ

 

最後に

以上いかがだったでしょうか。クラロワ以外は結構知らないアプリではないでしょうか.。無課金で広告が邪魔じゃない、課金押ししてこないゲームってなかなかないですよね。それはもちろんそんなゲームでは利益を生まないから。でも本当のいいゲームは勝手にお金が集まってくるようにできています。押し売りはしないで淡々とよいサービスを提供していれば必然的になじみの客ができてくるもんではないでしょうか。また、アイドル系やRPG系も今回は除外しました。神ゲーはたくさんあると思いますが、僕が寝る間も惜しむほどの神ゲーには巡り合っていないためです。

 

また、本当の神ゲーの基準として作業になっていないという点です。ゲームは楽しくあるべきです。ハラハラドキドキ、なにくそーーー!!となれるような瞬間があるのが本当に記憶に残るゲームなのです。それが、ただのポチポチゲーにガチャとなればもはやそれはガチャポン以下の存在です。

 

今後も実際にプレイしたアプリを正直にお伝えできればなと思います! 以上参考になればうれしいです。 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

【既読無視】ソーシャルネットワークによって失われた価値観【さよなら】

f:id:arufred45Hoo:20170412015536j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

今回はSNSの人間に対する影響について書いていきます。

 

【目次】

 

SNSがもたらしたこと

f:id:arufred45Hoo:20170412015628j:plain

Facebookをはじめ、TwitterInstagramなど様々なSNSが発展してきました。誰もかれもがアカウントを持ち電脳世界に突入していると思います。古くは2チャンネルやミクシーといったものもこのSNSに含まれると思います。共通するのは、現実的な顔や存在を介することなく他者とコミュニケーションが取れるという点です。その点では広くYouTubeニコニコ動画やブログなどアカウントを介して誰かに言葉を投げることができる環境のすべてを意味すると思います。

 

時間からの解放

f:id:arufred45Hoo:20170412015805j:plain

それによって、人々はリアルな人間、存在性に囚われることなくあらゆる個人やコミュニティと関係を構築することができます。地球の裏側に友達を作ることも、家族と連絡を取ることも、昔の友人にすら会うことができるのです。そうした意味では、時間への挑戦も可能としました。いつでも会える、いつでも連絡できる、いつでも状況を知ることができるとなったことで、「この時しかできない、会えない」という瞬間がなくなり、より活動の自由がもたらされました

 

世界中で関係構築

f:id:arufred45Hoo:20170412015959j:plain

また関係構築の幅が広まったので、ぼっちな人でも数十億人の個人から友人を発見することができるようにもなりました。僕自身もつたない英語を使用して、これまで多くの外国人の方と交流してきました。何を隠そう、僕のあの憂鬱な社会人時代に一番相談していた友人はTwitterで出会った海外の学生でした。顔も知らなければ生い立ちも雰囲気も知らない人に「もう、倒れてしまう!!」って日本人の友人のように英語で愚痴ってました。(日本って大変なんだねって言われました。笑)このように、ぼっちな筆者でも誰かとつながることができます。

 

情報交換ネットワーク 土地からの脱却

f:id:arufred45Hoo:20170412020130j:plain

3点目として、第三セクター的な存在になっていることが挙げられます。どういった意味かというと、コミュニケーションを世界中で行うことができるということは、世界中に同志をばらまくことができるになるということ。つまり「見えない世界規模のコミュニティ集団」になりつつあるということです。今までは、その場でしか集まることができなかった集団が、世界中に存在するわけです。それはテロ集団でも、非営利団体でも大企業、ベンチャーでもその形態をとっています。これによって、場所にすらこだわることなく世界中で共通意志を実行することができるようになりました。

 

失われたもの

さよならさよなら

f:id:arufred45Hoo:20170412020339j:plain

人といつでも会えるようになりました。昔の友人ですら、Facebookをみれば何をしているかわかります。いまこんなところで働いているよ→ふーん→「いいね」押して終了です。そんな関係で終わるような環境になってしまいました。お土産話という言葉もなくなりつつあるかもしれません。いつでも会えるので、「さよなら」という言葉が死後になってしまいました。ただ、友達登録・リスト化し保存するだけの関係です。卒業式すらも陳腐化します。またどうせすぐ会えるなら、泣く必要もありません。いつでも同窓会ができてしまうなら写真すら不要でしょう。今後「さよなら」と心を込めて言うのは死ぬ時だけでしょうか

 

ミュート

f:id:arufred45Hoo:20170412020824j:plain

Twitterでも同様です。今でもミュートがあります。気にくわない言葉をだす個人は知らず知らずに全部ミュートされています。ただ、ブロックするのは関係が悪くなると思ってミュートしているのです。今までは気にくわないやつとは転校すればおさらばだったのが、SNSでは永遠とブラックリストを抱え込んでストレスを受け続ける必要が出てきます。

 

既読スルー

f:id:arufred45Hoo:20170412020754j:plain

また、lineにおいては「既読無視」も話題になりましたね。lineはメールと違って会話ツールだと思っている人に対しては、会話中にテレビを見始めるくらい失礼な行為に映るでしょう。メールであれば、読まれたかわからないことを前提にしているので心構えも違います。手紙や書面に近いのがメールで、思いをはせることができました。これ読んだかな?あの人はどう思うだろうかと。しかし、lineやメッセンジャー、メッセージはあまりに早すぎて、思いをはせる暇もありません。昨今では、学生の中で既読無視によってハブられることもあるそうです。おちおちトイレにも入れません

 

承認欲求と価値観

f:id:arufred45Hoo:20170412020904j:plain

SNS上での存在性が認められるには、多くの人がそのSNSプラットフォームを価値のあるものと認める必要があるでしょう。多くの会員を保有しているSNSはそれだけで価値があります。その会員に生まれるのは承認欲求の爆発です。「いいね」「ハート」「アクセス数」「スター」、拡散、「ランキング」などの獲得に熱を燃やします。昔のトレーディングカードのようにいかにその環境で優位に立てるかに終始するようになります。それによって、彼彼女はその世界で生きることだけがすべてになってしまいました。そのスターやハートはその個人を救ってくれるのでしょうか。限りなくトップを目指せないなら意味のないことかもしれません。

 

最後に

僕は、「さよなら」と言えなくなったといいましたが、僕はいつも登下校の時「さよならー」と先生に言っていたタイプの人間です。先生はいつ会えなくなるかわからないし、いつでもさよならーって言っておこうと思ってました。

ネット上の住人はいつアカウントを消すかわかりませんいつ死ぬかわからないのです。彼らを保存できているのは錯覚なんです。彼らの行動を動かすことはできない。今はいつでも「さよなら」と言えなくなった環境になっているのです。だからこそ、日々の気持ちを大切にしていきたいですね。 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com  

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com