明日も無色

明日も無色

24歳で超ホワイト企業をやめて無職になった男の記録です。

【PS4】手に汗握る3on3 フリースタイルに熱中しすぎてやばいぞな話【基本無料】【レビュー/感想】

f:id:arufred45Hoo:20170626235359j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

今回は、2017年4月20日に配信されたバスケゲームが面白すぎたのでそれについて書きます!実は最初見たときは、どう考えてもつまらないと思ったんですよねえ。人気ランキング上位になっている理由がわからなかった。それがね、楽しかったんですよ

 

youtu.be

 

【目次】

 

スポーツ嫌いな僕がはまった理由

簡単に面白かった点を挙げていきます。

 

PSPlus登録していなくてもオンライン対戦ができる

・キャラクターがポップで魅力的

・キャラクターのモーションがかっこいい

・上達して身に着けるスキルがかっこよすぎ

ゲームシステムがシンプル

※1vs1、3vs3がほぼメインで、起動したらすぐ対戦

戦略が何気に重要で燃える

・一試合が3分程度なので気軽にできる

ハーフタイム制度があって、試合状況によってキャラチェンジができる

・チームメイトとのコミュニケーションが楽しい

課金要素は大きな障害にならない

※課金ははやくレベルアップしたい人向け、ファッションやキャラクターのヒストリーを解除するために設定されている。無課金でもチームメイトとの戦略、自分のスキル、立ち回り次第で余裕で勝てる

イベントも程よくあり継続してプレイする意欲がわく

 

以上簡単に書きました。これは楽しかった!さすが人気ランキング上位に入ってるわけです。僕は今までスポーツゲームはやったことがなく、初めてのプレイになります。スポーツ苦手だし、キャラクターがリアルタッチなものは苦手だなと思っていたのですが、本作はポップで愛着がわきます。しかも、さすがゲームなので少林サッカーのようにありえない方向からスキル発動してシュートしたり、ボール奪ったりと程よいアクション性もあって超楽しい。しかも、一試合が3分ほどなので気軽にできるし、これぞ待ってたゲームって感じがします!久々に手に汗握るゲームに出会ってしまいました。

 

あーーあと30秒で2点取らなきゃ負けちまう!

あと10秒守り切れば勝ちだ!

 

とか学校のバスケの試合を思い出しました。しかもキャラクターには無限ダッシュ(スタミナが切れると疲れる)はできないようになっていたり、リバウンドをして振り返ってすぐシュートできるスキルとかあったり、キラーパスできたり現実世界ではできない夢のようなかっこいいプレイができてしまうわけです。はーーかっこいい。

 

残念だった点もいくつかあげよう

でもいくつか残念だったところも挙げようと思います。

 

・自分のプレイが正解なのかわかりにくい

チュートリアルが不十分

 

この点が少し不満でした。AIと練習することができないので、自分のモーションスキルが正しく発動されているのか確認ができない。いつも本番でごちゃごちゃして仲間に迷惑をかけるわけにもいかないので無難な動きに終始してしまいがちになってしまいます。もっと練習要素があればよかったかもしれません。

 

格闘ゲームが好きな人はきっとはまる

この不満点って格闘ゲームでも当てはまりますよね。練習しまくって、オンライン対戦でかっこよく倒すのがプレイヤーの夢です。きっと格闘ゲームが好きな人はこのフリスタにもはまるんじゃないかなーと思います。

 

コラム:このゲームで思い出した感覚「主役じゃなくても輝ける」

もう学生じゃなくなって誰かとスポーツをすることもなくなりました。学生のころはバスケが一番好きでした。普段はどんなスポーツも憂鬱でしたが、バスケはガードしたり、ボールを盗んだり、リバウンドしたりとシュートを決めなくても役に立てるのが好きでした。幸い、僕は足だけ速かったので、ひたすら走りまくってました。どんな人にもぴったりくっついてガードしまくるのが快感でした。そんな感覚がこのゲームで思い出されました。

 

あ、これシュートいけんじゃね

 

と現実では思ってもパスしていた臆病な僕もこのゲームなら強気にゴリラダンもできてしまいます。そして、ナイスじゃん!とチームメイトからコメントをもらう。あ~うれしいなあと思うわけです。この感覚は僕の好きなゲーム、バトルフィールドでもありました。エイム力も砂力も何もない僕がひたすら看護兵になって復活させまくる。誰よりも生き残って、「お前はまだ死ねない!」と戦場を駆け回る。それだけで試合が終わるとMVPがもらえたりしてすごい嬉しかった。そんな感覚と似ています。

 

そんな誰かとプレイする喜びを思い出させてくれたゲームでした。

 

最後に

もうずっと一人で生きたたほうが楽だよな。もう誰とも一緒に行動できなよなと思いかけてた僕にまた昔のことを思い出させてくれたゲームでした。おいおい、ゲームごときで何いろいろ考えてんだと思われるかもしれません。でも僕はゲームは娯楽であり、創作物だと思ってます。常に誰かから何かを受け取って考える。そんな気持ちを僕は大切にしたい!

 

まだまだ僕のお勧めしたいゲームはたくさんあるのでまた次回!

 

以上、フリスタについてでした。

 

3on3 FreeStyle | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト

 

【関連記事はこちらもどうぞ】 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com 

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

【PS4】operation7 revolutionの僕的評価は星2つだぞな話【基本無料】【感想】

f:id:arufred45Hoo:20170626001012j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

2017年6月22日、PS4で公開されたoperation7 revolutionについて書こうと思います。

 

youtu.be

 

【目次】

 

最初は楽しかった

ダウンロードはすぐ終わってやってみました。以下箇条書きで感想を書きます。

 

良かった点

PS Plus未加入でもできる

・無料でFPSオンライン対戦ができる

・結構対戦は楽しい

・リスポン後は数秒無敵なのでリスキルもされにくい

・武器の種類も多種多様

・公開されたばかりなので人口は多い

 

残念だった点

・武器に耐久度があり無料ユーザーは必然的に武器を買う必要がある

・課金を前面に押し出しているので、常にお金の心配が必要になる

※武器(耐久度はなし)1つ買うのに約600円かかる。

・やはり課金勢有利ゲーム

・マップは結構広いが臨場感もなく、ただの箱

・キャラに愛着がもてない

・PCからの移植もあり、操作感に難あり

・音がおもちゃっぽい

グレネード投げる操作が独特なので、投げる瞬間にキルされる

・芋砂いたら半分あきらめ入る

カスタマイズ要素が多すぎて、にわかプレイヤーには敷居が高かった

 

実況者の声まとめ

たのしーーー!

課金したのに武器買えない最強のバグ発生

・おもんな

・砂に食われる

・課金に食われる

・最初は楽しい

 

以上簡単に書きましたが、やはり課金システムがスマートではありませんでした。本来課金とは、これはほしい!と思わせ、払って満足を得るものでした。しかし、本作は最初のスタートから課金しなければ十分に楽しむことはできない仕様になっていました。もちろん無課金で大量にお金を稼ぐことも可能なはずです。しかし、そのたびに今までの武器の耐久度回復のために使う、新しい武器どころか、カスタマイズに充てなければならないのが虚無に感じました。バトルフィールドでは武器ランク?を上げる、ミッション達成でカスタマイズできるようになっていました。それと比べると、そこまでなにかミッションをクリアしてまでやっていたくないというのが正直な感想です。

 

もっとフィールドに愛着がもてる。PS4機能を生かしてのグラフィックを最大限向上させる。武器は耐久制ではなく、1つの武器は永遠に使えるようにすべきでしょう。ではどこに課金要素を入れるか。それは時間です。どのプレイヤーも手に入る武器は同じ。しかし、課金すればより早く武器が手に入る。アップデートされた武器もすぐ手に入る。そうしたレベルに抑えるべきのような感じがしました。それだったら、僕もちまちまやっていけただろうなあと思ったのでした。今のままなら2時間で飽きるなと思いました。ただ2時間、おお!楽すぃーー!と思わせてくれたので星2つです!

 

コラム:基本無料ゲームについて考える

前払いか後払いか

本作をバトルフィールドCoDと比べるなという意見もありますが、比べるのが当然ではないでしょうか。「基本無料」は無料でもユーザーはゲームをし、ゲーム会社は対価を得る点では変わりはありませんユーザーは楽しめるコンテンツにお金を払うのです。後払いか前払いかの違いにすぎないんです。

 

①基本無料ゲーム

基本無料ゲームだから質が低くても仕方がないという論はもう古いのではないでしょうか。もうすでに多くのところでゲームが基本無料になっています。スマホでは特にそうでしょう。しかし、モンストをはじめとして多くの企業がその「基本無料」で利益を上げています。それは消費者が後払いする金額が多いからです。前払いする金額よりも多く、それは社会問題になるほどです。こんなすごいゲームが無料?という広告も別に目を引くものではありません。それが当然になりつつあると思います。基本無料のゲームは店舗販売のコストもなく。アップデートも容易です。中古に出されるリスクもなく、常にブランド価値を維持することができます

 

またアプリの例でもわかるように、入口が無料だと入ってくる人の数が違います。無料ならやってみるかと数百万人が気軽にプレイします。このタイプのゲームは一部の課金勢が企業を支えています

 

デメリットとしては無課金勢に勝てるアイテムを一部の人が大量に買うことで成り立つともいえる点、競合が多すぎる点もあります。

 

②買い切りゲーム

一方で前払いで買い切りのゲームでは、販売以降収益を獲得できないことに悩んでいました(中古市場の拡大)。しかし現在は戦略を変えてきています。常に新しいコンテンツを配信し、前払い以上の後払いをさせようと戦略を練っています。あらかじめ前払いで高額に設定し、あとから無料ストーリーを配布しお得感を出す企業も出てきています。

 

買い切りの場合、ユーザーの努力とセンス次第でいかようにも世界に挑めます。対価はすべて事前に支払っているのでそこからはゲームで対戦するだけなのです。基本無料ゲームのように、ゲームをしながら支払い続けるマラソンのような状態とは対照的です。ハースストーのような神ゲーもあるので一概には言えません)

 

どちらが正しいものとは言えません。ユーザーは楽しくて素晴らしいゲームに対価を払う点では同じなのですから。でも僕は節約したいので前払いで買い切りのほうが心の底から楽しめてうれしいです。個人的には、コレクターズ版とかですべてのアップデートが入ったソフトを買うようにしてます!

 

最後に

今後も基本無料ゲームについてレビューしていきます!実はまた2つ神ゲーを見つけました。ご期待ください!

 

今回のゲームはこちら。無料なので一度体験してみてはいかがでしょうか。

OPERATION7 REVOLUTION Official Website

 

以上です。

 

【関連記事はこちらもどうぞ】  

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

【Amazonアソシエイト】目立たずに作るプライバシーポリシーの注意点

f:id:arufred45Hoo:20170625140249j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

今回は、プライバシーポリシーを作成したのでそのことについて書きます。

 

【目次】

 

プライバシーポリシーを作成する意味

プライバシーポリシーなんて読んだことないわ!と思う方もたくさんいるでしょう。僕もほとんど読んだことありません。どの文言も似たような内容だし、あって当然のように感じるからです。

 

しかし、このプライバシーポリシーは広告を貼る際に必須AmazonアソシエイトGoogleアドセンスなど)になってきます。それは広告主が要望しているからだけではありません。ブログの価値を上げることにもつながるのです。日記ブログだし広告載せてないしというアマチュア感から少しだけプロに近づくような気がしました。

 

それは気持ちだけでなく、Googleの世界、現実世界でも効果を発揮します。ブログという自分メディア=広告媒体としての価値を上げ、長い目で見ればコミュニティでの存在価値を上げることにもつながります。「お、ちゃんと広告について書いてあるぞ」というブログはなにか魅力的に映りました(小市民感)。

 

プライバシーポリシー作成の注意点

よし、じゃあ作ろうと思ってプライバシーポリシーについて検索すると「コピペ」でいいという言葉が乱立していますが、コピペした時点でそれ著作権的にどうなのよと引っかかりました。さらに検索すると、Googleの評価が下がるとか、そんな下がる文言をすべての記事に入れるのはどうなのよとかいろいろ考えてしまいました。なので作成に当たって注意した点は以下になります。

 

著作権に違反しない文言にする

②すべての記事に内容が出ないようにする(サイドバー表示にしない)

③プライバシーポリシーのページをGoogle上で目立たないようにする

 

以上3点に注意しました。

①に関しては、著作者の同意が取れている前提のものを参考にする。そのほか同意が取れていないサイトの規約等はあくまで規約趣旨のみ参考にする。

 

②に関しては、一番サイドバーに直接HTMLで記載するのが楽だったのですが、仮に著作者の同意が取れてコピペするにしてもGoogle先生に「お前、パクったろ!」とすべての記事に対して言われるような気がして嫌な感じがしました。なので、どうにかリンク貼り付けにしたいと思ったのでした。

 

③に関しては、じゃあリンク貼り付けるにしてもどこにつなげる?ってなった時に記事を作ってそこにつなげればいいと思いました。しかし、最新記事に表示されたくないと思ったのでその対策を探しました。

また、そのプライバシーポリシーのみの記事だけでもGoogleに「こいつパクってるやん」って思われて、サイト全体の評価を下げる可能性もあるのでは?と思い、Google検索上では省いてもらうようにしました

 

以下作成の流れです。

 

作成の流れ

上記注意点を元に作成を進めます。

 

①下記サイトを参考にし文章を作成

プライバシーポリシーの書き方 AdSense、アナリティクス、Amazon、楽天、iTunes

プライバシーポリシーをテンプレートコピペで完成させよう | おっさんの放課後

アドセンスのプライバシーポリシーの書き方や例文を伝授! | 新卒会社員がネットビジネスで起業し1年で月収130万円稼ぐようになった物語

 

 

②作成したプライバシーポリシー記事を最新記事に載せないために「投稿日時」を超過去にして公開しました。過去のゴミ記事に上書きするという手法もありましたが、僕は上書きしたくないぞ!と思ったので、この方法をとりました。無事公開日時は2017年2月1日になりました。(は!まだ働いてる!)これにより、記事一覧では最古の位置になりました。読者様にもご迷惑はかけずに、プライバシーポリシーを本ブログ上に誕生させることができました。

 

【参考記事】

はてなブログ初心者のカスタマイズとか色々【2016/11/13〜11/19】 - スーミン

 

③そしてついにGoogle上でも目立たなくするために、noindexの作業をしました。

 

【参考記事】

【CSS・HTML】はてなブログ記事を「noindex」。不要な記事を削除してSEOにも効果あり - interest blog

 

これによってできた僕のプライバシーポリシーがこち

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

最後に

はーめちゃくちゃ疲れましたよーー。2時間以上かかってしまいました。この記事書くのも入れたら3時間もかかりました。企業規約に著作権はあるのかとかまで調べて、判例まででとんのかい!と思ってかなり大変でした。

 

以上参考になればうれしいです。自分好みのプライバシーポリシーを作ってみてくださいね!

 

【関連記事はこちらもどうぞ】

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

【書くことがない!】今週のお題「もしも魔法が使えたら」について書いたらこうなった

f:id:arufred45Hoo:20170623000714j:plain

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

こんにちは、青色申告です。

 

今日は「読まれない記事のほうが書いてて楽しいという説を唱えちゃうよ!」といういかにも読まれそうな記事を書こうと思ったのですが、今週のお題が目に入ったのでそれについて書こうと思います。

 

【目次】

 

初めに:今週のお題の意義

まず本題に移る前に、今週のお題の意義について考える必要があるのではないでしょうか。いやさっさと答えろとおっしゃるかもしれませんが考えてみたいじゃない。

 

今週のお題の意義

 

それは、客観的に言えば

 

今週のお題について書くと、それが週刊はてなブログの「今週のお題」に取り上げられ(る可能性)がある。

 

②それにより、はてなブログ民から一人でも多くの読者を獲得

 

③将来的なPV数増加

 

Googleアドやってる人はウハウハ

 

そんな妄想ができるくらいのメリットはあります。

 

もう1つのメリットは、運が良ければ長く書ける可能性がある。それくらいです。

 

そんなわけで「もしも魔法が使えたら」について書こうと思います。

 

「もしも魔法が使えたら」

そもそも魔法ってずるい概念ですよね。魔法があればとりあえず思い描いたことのすべてができてしまいます。

 

・スーパーマンになる

・大金持ち

・若返り

・過去に戻る

・嫌な上司をサハラ砂漠に飛ばす

・嫌な上司をサメの餌にする

・嫌な上司に正拳突きする

 

なんだってできてしまいます。もしも魔法が使えたら、それはあまりにも万能すぎてつまらないとは思わないでしょうか。アラジンだって、シェンロンだって叶えられることを3つまで。ロードオブザリングに出てくる魔法使いだって、ファイナルファンタジー零式に出てくる魔法使いだって、ハースストーンに出てくる魔法使いだって何かしらの制限があります。魔法には何かしらの代償が必然的に必要になってくるのです。なのでここからは僕なりの制限ありきりのストーリーを勝手に練ることにしましょう。

 

前提条件:時代背景

時代背景はちょうど今にしましょう。

 

いやな上司がはびこり、残業は多く、大学卒業後は地獄のライフスタイル。電車に揺られ、人身事故で「別の駅で死んでくれよ。会社遅れる」とTwitterでつぶやき、会社には遅れ得意先に怒られる。家に帰れば、コンビニで買ったお弁当とフルーツゼリーを食べながら、YouTubeでゲーム実況を見る。そうですね、ここは今話題のデッドバイデイライトを見ることにしましょう。そして朝起きて、金曜日を待ちわびて瞬間的に月曜日をお出迎えする毎日。これがいいでしょう。

 

youtu.be

 

僕はちょうど魔法が使えた

そんな世界で魔法が使えたら。それも突然に使えるようになったとしましょう。朝目覚めると、使えるようになってた。

 

発動条件は、効果に比例して髪の毛が抜ける

※髪の毛は常に魔法効果が生じない。聖なるエリア。

 

そんな条件にしましょう。これはなかなか自分で考えても使いにくい魔法だなと思いました。実は、もっと大々的に世界を救う流れにしたかったのですけれど、これは使いにくい。あっという間につるつるになりそうです。エックスメンにすぐ入れる気がします。でもいっそのこと剥げてしまったほうが、魔法使い放題では?と考えました。いや、毛根の先には神経があります。きっとどんどん気が狂うに決まっています。

 

むむ、、

 

 

 

 

 

使えねえぇえええええ!

 

この魔法!

 

結論:選んだ選択

よし、みんなつるつるにして、同じ魔法使いにしましょう。それがいい。 

 

( ^ω^)・・・

 

最後に

今週のお題、どんな質問より難問だぜ。。

 

以上です。

【無職の就活】勉強だけができた。それはそんなに悪いことなのだろうか。

f:id:arufred45Hoo:20170620233032j:plain

こんにちは、青色申告です。

 

先日面接をしてきたので思ったことを書こうと思います。

 

【目次】

 

面接に向かったのは【忍者広告】のせい

ずいぶん前から登録していた転職サイトからメールが来たので、何となしに眺めていたら下から突如として広告が現れました。消そうと思いバツ印を押します。しかし、僕の指は広告裏の「応募する」ボタンをクリック。翌日返信が来て、面接することになりました。

 

あなたのやりたいことってなんですか

僕は面接で答えるべき答えがわかります。目に見えてわかる。しかしそんなことをして入社しても、内定をもらっても仕方がないのでいつも正直に言っていました。ましてベンチャー企業だったのでより感情に訴える必要がありました。ベンチャー企業だけとは限りませんが、よく聞かれる質問にこういうものがあります。

 

あなたのやりたいことはなんですか。

 

そんな質問があります。僕はこの質問に意味はないと考えます。なぜならそこにコミットする人材なんていないのですから。やりたいことをなぜ前職でできなかったか、今なぜできないのか。それをポンコツになるくらい深堀され、ああ、自分ってなんもできなかったんだなあって実感させてお祈りされるのが今の就活の現状です。そんな人間は今の日本では必要とされません。

 

今必要とされる人材は自分で考え、行動し、グループ活動も積極的で、何かを成し遂げたことがある人間だけということになります。

 

教育と社会との乖離を嘆くだけならやめてくれ

しかし今の教育制度はそうした人材など到底養成できるはずがありません。なぜなら、今の教育制度はすべての場数をちゃんと踏めば公務員になる道しか残されていないのですから。

 

・ひたすら暗記を繰り返す

・読めばわかる教科書をノートに写す

・内申点稼ぎ

 

基本的にこれに終始します。一部娯楽程度に社会体験的なものはありますが、すべて遠足レベルです。基本的に同じことをひたすら繰り返しの結果、学生生活は終わります。

 

そして大学生になり多くの学生は勉強をせずインターンなどを行って就活に命をかけ、大企業に入り命を燃やし尽くす。または、大学生にもなって勉強に命をささげた場合、残るのは公務員専門の学校へダブルスクールし、面接・論文対策をし大学入試よりイージーな公務員試験に臨みます。そして公務員になり人間関係に苛まれて疲れ果てる。そんな2つの大まかな流れしかありません。

 

多くの社会人は言います。

 

学生なんて社会では全く役に立たない。

 

その通り。まったく役に立ちません。しかし僕は言いたい。

 

結局お前らは何をした

 

結局お前らも政治に無関心どころか自分のことで精一杯なくせして、ずるずる会社に残ってそういう若者が来たらいびるだけいびって昔の自分の復讐を繰り返すだけなのではないでしょうか。教育が悪いと口では言うけど、何もしない。何もできない。幹部になっても社長になっても気にするのは自分だけ。気にするのは自分の利害だけ。わかってるんですよ。そんな自然な流れは。だから僕は言いたい。今の若者をいびる前に、けなす前にお前らが今できることを1つでもしてくれと。僕らよりも権力が少しでもあるはずで、少しでも話せる口があるはずなのです。

 

今の若いやつにはガッツがない

 

そんなの当然ですよ。そのように当然に育ってきたんですから。ガッツを持つより正確に、ガッツを持つより従順に、ガッツをもつより論理的に。中途半端に西洋教育を取り入れて、そんな風に育ってきたのですから。それを嘆いても仕方がないじゃないですか。僕たちは北斗の拳のようなアウトローにはあこがれませんでした。僕たちが憧れたものはなにもなかったのです。ワンピースでは冒険にワクワクし、シャーマンキングでは林原めぐみnorthern lights を聞いていい曲やなーってほんわかしただけでした。

 

Northern lights
林原めぐみ
2002/03/27 ¥250

 

ガッツよりのほほんっと育ってきたのです。教育に問題があったのかもしれません。それを僕たちは知りませんでした。僕らが知っていたのは

 

勉強すればきっと良い人生が待っている

 

そういった世間の大人たちのことばを信じていただけでした。

 

勉強ができるだけで頭悪いという意見

僕らは勉強だけをしていました。僕の場合は中高ともに8割を勉強に費やしました。それは世間の声を信じたからです。

 

学生は勉強が仕事だ

 

僕はその言葉を信じて仕事をしました。こんな単語覚えても仕方ないと思う、絶対日常会話で使わない英語の単語も数式も覚えました。読めても意味のない漢字や難しい論文を英語で読めるようになりました。なぜならそれがテストにでるからです。テストでいい成績をとることが大人から課せられたミッションだったのです。

 

しかし今の大人のほうがいうことが矛盾しています。あなたに子供がいたとしてこんなことを言っていませんか?

 

ゲームしないで勉強しろ

マンガばっかり読んでいないで小説も読め

テレビばっかり見てないで勉強しろ

 

そして入ってきた新人にはこんなことを言っていませんか?

 

いい大学出てるのに要領悪いよな。

何勉強してきたんだよ?

 

きっと今いなくても将来子供ができた時に言っていると思います。僕はまさにこれでした。僕は漫画ばかり読まずに図書館の小説をすべて読破し、ゲームもテレビも見ずに徹夜で暗記をしました。結果いい成績も、いい大学にも行けました。でもそれだけでした。僕に落ち度があったといえるでしょうか。誰かのせいにしてんじゃねえよと人はいうかもしれません。いいえ、誰かのせいにしているのはきっと発言者なのです。自分に課せられたミッションをすべて次世代に何でもかんでも押し付けて、自分の楽ばかり考えた結果今の教育制度に何もアクションも起こせず、自分の今の成長もおろそかだから後輩もやめてしまうのです。僕はただ正しいといわれるものをインプットしてきました。今こうしてアウトプットするとこうです。

 

勉強は何のためだったのか

 

その内容を考える力はついたのかもしれません。僕らは頭がよくなるために勉強していたわけではありませんでした。僕らが勉強していたのは親と社会が求めるからです。親に承認されたい。褒められたい。そういう思いと、親に認知されていきたい。そういう欲求のせいでした。親に認知されなければ死んでいるも同じなのです。それが僕らの生存競争でした。僕らは頭がよくありません。勉強は確かにできました。しかし、頭のいい大人たちはもちろんわかっているはずなのです。今の勉強がただのルーティンの繰り返しで1つのルールを暗記してアウトプットする。そんな退屈な作業、つまり一種の事務作業にすぎないことを。

 

だから僕たちは事務作業、とりわけ公務員に特化している勉強をしてきたのです。県立高校や国立大学は学費は安いと親は勧めるでしょう。結局目先の利益で何も考えてはいないのです。そこにあるのは従来の方式、公務員養成授業なのですから。ここでまた一つ世間の大人と矛盾が起きるのです。

 

いい大学出てるのに要領悪いよな。

何勉強してきたんだよ?

 

結論から言えば、僕らはちゃんと要領よくテストで回答できる力を身に着けました。僕らはルールを順守し、それに則した最速の計算方法を身に着けました。それを言えば発言者は激昂することでしょう。何屁理屈言ってんだと。屁理屈と発言した時点で思考が停止している証拠なので、この人は勉強してこなかったタイプのほうなのに、勉強について非難するだなと思うわけです。

 

勉強しないで何か1つだけを成し遂げたほうが優秀という新説

そして今の30代以上のニューマザー、ファーザーたちは考え直すのです。今の学校教育は役に立たないからとりあえず派閥メリットのため塾に通わせて有名私立に行かせる。加えて、さらに出世および転職で有利になるように何か手に職を持たせようと。となると、ピアノも美術も違う。そうだ!プログラミングだ!と子供をそろばんでもなくプログラミングを授業に取り入れた私立幼稚園に入れるのです。

 

しかし、結局何も変わらないと思いました。僕は勉強して勉強してある特定の分野に特化した無駄な能力を一つ持っています。それは社会では役に立ちません。誰かを幸せにすることもできない能力です。僕はそれを自分の中から自発的に獲得しましたが役に立つことはありませんでした。プログラミングが30年後役に立っているという説も微妙でしょう。プログラミング自体をAIにやらせればいいのですから。もし小説も漫画も読まずにプログラミングだけをやりなさいとなった場合、今の僕と同じくオワコンだろうなと思います。なぜなら以前書いたように、AIを監督する場合、またその先を見据えた場合に本当に必要になってくるのは人間を理解する能力、共感力などでそれは小説が一番培われやすいのですから。

 

【AIに仕事をとられる・奪われる】という議論のさらにその先の世界を予測してみた - 明日も無色

 

ここで僕が言いたいのは、勉強だけ頑張ってきましたはそこまで悪いことなのかということでした。同じく何か1つに集中し、すべての時間を費やしたことはすべて無駄だったのでしょうか。就活では勉強以外のことを回答せよとなっています。しかし、それは面接官がたいして勉強にすべてをささげる必要がなかったという幸運な境遇だから言えることで、僕にとっては命がかかっていてそれ自体が目的という状況だったのです。しかしそれを伝えることはできません。伝えたとしても無力で、むしろ白けるのは目に見えているからです。ましてそれを告げてまで働きたいとも思いません。

 

勉強だけができた。もう目的がない

そして検索すると高学歴ニートがたくさんいることに気が付きます。彼らは勉強が生きる目的だったのです。点を取り合うことが快感で、ノルマを超えるというのは答えがなく退屈なのです。まして社会は学校ほど平等ではありません不細工やイケメン、男女、学歴や派閥、人格、あらゆる不確定要素が多すぎて退屈なのです。それはやればやるだけ結果が伴わない事実という言葉でも表せます。世間の大人は言います。

 

社会は矛盾して当然だ

それはむかつくがしょうがない

 

しょうがないことばっかりなのなと高学歴ニートはつぶやきます。高学歴ニートは嘲笑っているのではありません。ただドンマイ程度につぶやいているだけなのです。目的もない、あ~人生終わったわって思っているだけなのです。

 

コラム:ベンチャー企業が思いのほか大した論理で動いていないと判明

そう思いました。なんかかっこいいこと言うのだけれど、啓発本や思想家の引用ばかりでそれに陶酔している人が起業家には多いように感じます。一種の自己暗示のようなものだと思います。だから言葉では大きいことを言うけれど、論理も成果もすべて不安定なのだなと思ったのでした。

 

最後に

言葉を書けば頭が整理されて論文が書きやすいと教わりました。涙にはストレス解消効果があると現代文の問題に出てきました。歴史を知れば因果関係が理解でき将来を予想できると知りました。このブログはそんな蓄積でできていました。こんなブログでも世の中の立派な理不尽大人が読んで参考にしてくれてたら僕のかちかなとか思って今日は終わりにしようと思いました。

 

なんだ、全然読みにくいしこいつバカなんじゃねえの??と思った方正解です。それを思ってくれれば僕はまだまだ普通の人として働ける可能性があるということです。いつか普通にはたらけたらいいな

  

以上考えたたことでした。

 

 

【そのほか関連記事はこちら】  

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com

 

ashitamomusyoku777.hatenablog.com